kizasi Marketing PLUS

「ブログを仕事に活用する」をテーマに、様々なテーマのブログ分析レポートをはじめ、ブログの基礎知識、
分析ツール活用のコツやレポート作成支援など、ブログに特化したマーケティング情報サイトです。

« ブログから見るトレンド分析を30分で行う方法 | TOP | 【企業活用事例】夏は汗、冬場は口臭!?気になるニオイの元を探る »

2010年コレが流行る?激安は続くかファストファッションの今後

2010年1 月13日 (水) ブログトレンドウォッチ

kizasi Marketing PLUSではこれから3週にかけて「2010年コレが流行る?」というテーマで、過去のブログを分析し、今年2010年のトレンドを予想していく。


第二回目の今回は、ファッション業界のトレンドについて調査を行っていこうと思う。

(第一回 アルコール飲料のトレンドを予測)

2009年は、外資系ブランドの台頭が目立ち、低価格帯の「ファストファッション」という言葉が瞬く間に浸透し、ユニクロや小売り店PBによって低価格ジーンズが相次ぎ発売されるなど、ファッション業界にも低価格志向のビックウェーブが押し寄せた。


ちなみに、低価格ジーンズに関する書き込みを調べてみると、ファーストリテイリンググループのg.u.で発売が開始された上半期から、イオンや西友 など、各社が発売を開始した下半期にかけて「安い」印象が増加。(図1)これは、消費者に低価格志向が認知されてきたという事実とともに、今後も低価格を 受け入れる消費者が増加するだろうと予想できる結果である。


Btw100112_01
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】


さて、このように低価格支持が根付た今年、ファストファッション界にはどのような動きが起こるのだろう?


ファストファッション界の動向を予測するため、2010年も流行りそうなブランドの中から、国内と外資ブランドそれぞれ2つずつ(計4ブランド)をピックアップし、昨年ブログで語られていた内容を調べてみた。



2009年下半期のファストファッションブランドに関するブログの書き込み内容比較表

* 書き込みキーワードの詳細、数値の詳細はこちらダウンロードできます。


Btw100112_02
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】



[ユニクロ] - 素材や機能面での評価・信頼性は抜群。今年も消費者をけん引していくか -


SPA(製造小売業)のユニクロは、ヒートッテックを始めとする具体的な商品やアイテムの話題が多く、購入に関する話題も多いため、商品力の強さに関しては抜群と言えそう。
ただし、他ブランドに比べると「かわいい」などオシャレを楽しむイメージは少なく、むしろ「温かい」など機能的なイメージが目立つ。


競合ブランドについて語られる割合が極めて少ないことからも、特に素材や機能面での評価・信頼性においては、他ブランドと一線を画していると言える。今後も、このような独自の強みを追求し、ブラトップやヒートテックに続くヒット商品の開発によって消費者をけん引していくことが予測される。



[しまむら] - 「衣料生活用品」という幅広い品揃えで集客力を発揮 -


「安い」「かわいい」書き込み割合が安定しており、消費者の行動も来店・購入に結びついている。また、アイテムとして「FOREVER21」「ZARA」にはあまり語られていない「パンツ」「靴下」「タイツ」など下着の部類が、関連語の上位に出現しており、さらに「スリッパ」「ブランケット」など日用生活品を買い求めに行くコメントも少なくない。今後も、安くてかわいい「服」と「衣料生活用品」という幅広い品揃えで、集客力を発揮していきそうだ。



[FOREVER21] - 2009年は初上陸のニュース性が中心 今年は店舗数拡大がキーか -


「原宿」「行った」や競合比較するコメントが目立ち、初上陸のニュース性やファストファッションの人気過熱を後押しする話題が中心だった。
ブランドそのものには、「安い」「かわいい」イメージが形成されているようで、今後は店舗数拡大によって話題性を維持することで更に幅広い層へのアピールが期待される。



[ZARA] - デザイン面を大いに活かした差別化がポイント-

他ブランドに比べると、「安い」イメージは低いが、「好き」の割合が高い。「デザインに一目惚れした」「サイズ・カラーが豊富」などのコメントが散見されることからも、デザイン性の高さでファンの心を掴んでいる可能性が高い。SPA型のブランドとして、デザイン面を大いに活かした差別化が強化されそうだ。



今年は、「H&M」「FOREVER21」「TOPSHOP」などの全国各地への出店が言われており、ファストファッション界が更に熱くなることは必至だ。一方で、上記結果のように、ファストファッションもブランドによって消費者イメージの細分化が進行しており、今後、消費者は数あるブランドを賢く使い分けていくことが予測される。


今年は、消費者の気を引くためにも、低価格提供以外の面で差別化を図ろうとする各ブランドの競争に注目が集まりそうだ。


■関連記事
2010年コレが流行る?アルコール飲料のトレンドを予測
ブログから見る、年末年始の消費者意識調査
ハイボールブーム復興の原因を探る
牛丼チェーン熾烈な価格競争。次は品質で勝負?
寒い時は、冷たい物が売れる?



タグ:流行予測,ファッション




キーワード・データの詳細 ダウンロードはこちら

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

« ブログから見るトレンド分析を30分で行う方法 | TOP | 【企業活用事例】夏は汗、冬場は口臭!?気になるニオイの元を探る »