kizasi Marketing PLUS

「ブログを仕事に活用する」をテーマに、様々なテーマのブログ分析レポートをはじめ、ブログの基礎知識、
分析ツール活用のコツやレポート作成支援など、ブログに特化したマーケティング情報サイトです。

« 【企業活用事例】夏は汗、冬場は口臭!?気になるニオイの元を探る | TOP | ブログの書き込みも急増!Twitterユーザーは増え続けるのか? »

2010年コレが流行る?TwitterのためにiPhone購入?

2010年1 月20日 (水) ブログトレンドウォッチ

kizasi Marketing PLUSでは「2010年コレが流行る?」というテーマで、過去のブログを分析し、今年2010年のトレンドを予想している。(全3回)

 

第三回目の今回は、携帯電話のトレンドについて調査を行っていこうと思う。


(第一回 アルコール飲料のトレンドを予測)
(第二回 ファッション業界のトレンドを予想)


■2010年スマートフォン市場は激戦に。



携帯電話のなかでもまずはスマートフォンについて調べてみよう。やはり行方が気になる「iPhone」とgoogle携帯こと「アンドロイド」の対決。

 

現在はiPhoneが主導権を握る市場となっており、ブログでもアンドロイドの約10倍の書き込み数が見て取れ、その差は歴然としている。

 

Btw0120_01
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】

 

昨年のiPhoneの話題動向に注目してみると、6月に新型「iPhone 3GS」の発売で急伸した話題量は、 一度下降したにも関わらず夏の終わりから再び上昇しており昨年のiPhone大ヒットを物語っている。

 

■iPhone大ヒットの要因はTwitterのブームと深い関係が?!

 

この話題伸長の背景を探るべく、3GS発売前後の書き込み内容を比較してみたところ、3GS発売前には10%だった「iPhoneアプリ」の話題が、発売後には14%に増加。また、発売前には見られなかった「Twitter」に関する書き込みが15%に増加し、「便利」という書き込みは2%から5%へと増加している。(*3GS発売前後の各6週間のデータを集計)

 

3GSの発売以降、ハード面の進化とともに多数のアプリが作成されたこともさることながら、昨今のTwitterのブームと重なりiPhoneでいつでもどこでも「つぶやく」といった利用シーンが確立されるなど、ユーザーの利便性向上につながるような利用シーンの拡大が大ヒットにつながっていると言ってよいだろう。

 

■アンドロイドを欲しい人も増加中

 

一方、アンドロイドについて語られてる内容は、今後の発売に関する事が中心。しかしながら、「欲しい」という書き込み割合はiPhoneの6%を超え、7%と早くも待望層の入手意欲が高揚している様子も垣間見られる。このようにブログリサーチからも、アンドロイドがiPhoneを追撃するであろう兆しは見えてきたと言える。(参考:iPhoneの「欲しい」の割合は6%であるが 母数が異なるために絶対数はiPhoneの方が多い。)

 

現在は1端末のみのアンドロイドも夏頃までには、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから発売される見通し。

 

評価軸も、機能、操作性、ソフトの利便性など多岐に及び、市場も一気に活気づくのは言うまでもなさそうだ。ブログでは、昨年のiPhoneの例のように、ユーザーの反応は、発売直後よりも1-2ヶ月後に現れ出す可能性も考えられるため、発売直後だけではなく、少々長期的な視線でこの決戦を見ていく必要がありそうだ。




■スマートフォン以外の携帯電話市場、トレンドの鍵はカメラ機能

 

上記のようにスマートフォン市場は昨年一年の間に大きな動きが見られたのに対し、従来の携帯電話に関しては、各社、高機能高デザインの携帯電話を出荷しているにも関わらず、2009年上半期と下半期ではほとんど動きが見られない実態がブログの書き込みから見て取れた。

 

以下が携帯電話に関するブログの話題内容であるが、ここで注目するべきは"電話"であるにも関わらず、話題内容の内訳は

 

1位:カメラ・写真

2位:インターネット

3位:メール

 

であることだ。

 

* 書き込みキーワードの詳細、数値の詳細はこちらダウンロードできます。

 

Btw0120_02
【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】

 

カメラ・写真機能について書くブログが多いということは使用頻度が高いことの表れである。ここから、画像数やカメラの機能向上だけではなく、写真加工のソフトの充実など、写真を使った利用シーンの提供を行うことで携帯電話のカメラを使った新しいトレンドが生まれるのではないかと予想できる。

 

そういった意味で、ソフトバンクが発売しているデジタルフォトフレーム、PhotoVision(フォトビジョン)の今後には期待したい。

 

しかし、カメラの機能について、ブログリサーチをしてみると「悪い・残念」というワードが1割近くも書き込まれていた。

・「携帯カメラで現在画質が悪いのは勘弁してください」
・「写真は携帯で撮ったから色が悪いけど」
・「私の携帯だと、ぶれてますね・・・上手く取れなくて残念」



やはり、写真は綺麗に撮りたいもの。カメラ機能の向上強化とともに、この辺の悩みが解決され携帯カメラに新しいトレンドが生まれることを期待したい。



■関連記事
2010年コレが流行る?激安は続くかファストファッションの今後
2010年コレが流行る?アルコール飲料のトレンドを予測
ブログから見る、年末年始の消費者意識調査
ハイボールブーム復興の原因を探る
牛丼チェーン熾烈な価格競争。次は品質で勝負?
寒い時は、冷たい物が売れる?



タグ:流行予測,デジタル



 

キーワード・データの詳細 ダウンロードはこちら

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

« 【企業活用事例】夏は汗、冬場は口臭!?気になるニオイの元を探る | TOP | ブログの書き込みも急増!Twitterユーザーは増え続けるのか? »