kizasi Marketing PLUS

「ブログを仕事に活用する」をテーマに、様々なテーマのブログ分析レポートをはじめ、ブログの基礎知識、
分析ツール活用のコツやレポート作成支援など、ブログに特化したマーケティング情報サイトです。

« ブログで探る「つけまつげ」最新事情 | TOP

【企業活用事例】寝苦しい夜の救世主!?快眠グッズのトレンドを探る

2010年7 月30日 (金) ブログトレンドウォッチ 企業活用事例

※ この記事は、株式会社リベルタがブログのクチコミを分析した活用法を記事化したものです。


梅雨も明け、本格的な暑さが始まり、寝苦しい時期になってきた。
暑さによる睡眠不足を訴える声も多く、快眠グッズや冷却グッズも市場に数多く登場しているのが目立つ。そこで今回は、夏場の快適な眠りのカギを探るべく、ブログの書き込みからその実態を読み解いてみたい。

まず、睡眠不足の原因を探るべく、「寝苦しい」をキーワードにブログの書き込み数を調べてみた。


1

【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】


気象庁発表の資料によると、2009年の気温は平年並みだったが日照時間が少なく、6月こそ前年の平均気温を上回ったものの、7月は平均気温を1度ほど下回った。気温の変化と寝苦しさは直接関連しているようだ。2010年は梅雨明けが遅かったものの、6月の平均気温は既に昨年を上回り、今後更なる暑さが続くと予想される。寝苦しさに悩まされる日々は、まだまだ続きそうだ。
また、「湿度」が不快指数を上げているという声も多い。あまりの湿度の高さに、


・あまりの暑さにエアコンをドライで入れてねました。
・我が家はクーラーという文字は“No”。ドライオンリーだ。

など、エアコンの除湿機能に頼っている声も多かった。一般的に湿度を下げると、同じ気温でも暑さを体感しにくいと言われているが、高い湿度が招くあまりの不快指数に、“ドライが効果的”という情報は幅広く浸透しているようだ。また、除湿機と扇風機の併用使用や、エアコンを使用せず除湿機単体で使用している声も目立った。



一方で、快眠/安眠グッズの使用も人気だ。


2
※各年7月のデータを分析
「快眠/安眠」とともに高い頻度で語られた具体的なアイテム(名詞)から抜粋

【ブログクチコミサーチ BY kizasiを使用】



古くから安眠のカギとされるのはやはり枕のようだ。頭を安定させて睡眠の質を上げることはもちろん、夏場はアイスノンなどと併用して使う人も多い。
エアコンは、「なくてはならない」という声もある一方で、快眠/安眠アイテムとしての文脈で書き込まれる回数は減少傾向にあるようだ。実際、


・エアコンは体に良くないので、寝室には入れていません。
・客が来たときしか、エアコン入れない。今日も汗だくだが、エアコン入れない。

という“アンチエアコン派”も根強い。その背景としては、昨今の暑さ対策用快眠/安眠グッズの発展に加え、


・エアコンを毎日のように使っていると、電気代が掛かって、家計も気になるところ…。

というのも本音のようだ。



昨年のブームは、冷却ジェルマットタイプ。「本当の効果はどうなのか」「買うのを躊躇しているが気になる」などさまざまな反応とともに話題になり、暑さのピークにむけて書き込み数が増えていったが、2009年7月に国民生活センターが発表した「ジェルマットの冷却効果の検証」も影響したのか、今年2010年には大幅に減少した。
そんな中、徐々に伸びてきているのが、シーツタイプだ。2年前は、竹シーツが定番だったが、最近では涼感・冷感作用のあるシーツも増えてきた。普段どおりに使えることから、竹シーツやジェルマットタイプの不満点としてあげられていた洗濯ができないという点も解消できるところも評価されている。


弊社(株式会社リベルタ)のオリジナル商品にも快眠アイテム「クールシーツDX涼(SUZU)」がある。キシリトールを配合した涼感シーツで、高島ちぢみ加工を表面に施し、通気性・吸湿性が高い。シーツタイプの人気が上がってきている今、非常にいいタイミングにきていることがわかった。また昨今の熱中症患者に高齢者が多いことにも注目。そこで、公式直販サイト限定で、R65価格として高齢者向けの特別価格を提案、限定キャンペーンを開始した。快眠は夏バテや熱中症予防の重要なカギ。これら快眠グッズをより活用し、質の高い眠りを手に入れてほしい。




■関連記事
「日焼け」と「紫外線」、気になるのはどっち?
オーガニックコスメ流行の“きざし”を逃すな!
手の乾燥と足の乾燥どちらが気になる?
フットケアの意識が変わっている!?(後編)
フットケアの意識が変わっている!?(前編)


----------
株式会社リベルタでは、消費者の生の声であるブログに注目し、ブログ分析を戦略の効果測定として社内で共有し、また今後の販売促進計画の足がかりとして、上記のような分析を定期的に行い活用している。今回の分析は、弊社オリジナル商品「クールシーツDX涼(SUZU)」の販売戦略立案の参考に行われた。


【株式会社リベルタ】
美容や健康に関わるさまざまなお悩み解消を目的に、オリジナル美容商品・雑貨の企画・開発、販売を行う。全国の有名バラエティーショップ、ドラッグストアなどのほか、TVショッピングやカタログ通販などでも展開。香港、タイなどを含むアジア諸国やオーストラリアなど、海外にもその広がりを見せている。

http://coolsheets.jp/
ウェブ直販サイト:http://item.rakuten.co.jp/daikanyama-st/c/0000000354/
問い合わせ先:info@liberta-j.co.jp


タグ:快眠,安眠,寝苦しい,ジェルマット,冷感シーツ,クールシーツ

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

« ブログで探る「つけまつげ」最新事情 | TOP